同友会ニュース−企業訪問

【06.02.14】山形支部 企業訪問

お客様の商品が売れてこそ価値を見い出せる仕事

   昨年70名以上の新しい会員を仲間に迎えた山形支部。
 同友会の良さを一日でも早く知ってほしい、お互い知り合うことから始めようと企業訪問を実施しています。
 2月14日は、昨年9月に入会した㈱石澤洪蔵商店 石澤専務を訪問。
 推薦者の半澤社長、川合支部長、事務局が参加しました。
 包装資材、紙器製造業として昭和12年創業、石澤専務は3代目です。石澤社長も同席され、創業の動機や、同業者がなくなっていく中で、業界としての課題などをお聞きしました。
 お客様の商品が売れてこそ価値を見い出せる仕事で、主に地元観光地のおみやげさんの紙器を製造しています。
 前に印刷会社に勤めていたことがあり、デザインや企画なども提案できる強みがあります。
 環境問題があり、紙器のリサイクルを考えダンボールに特化しているそうです。
 また、石澤社長から、時代とともに変わってきた包装資材や自社で考案されたものを見せていただき、誇りを持って働いてことがうかがえました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ
月刊同友やまがたへ

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS