同友会ニュース−お知らせ

【09.01.31】きらやか銀行と業務協力協定を結ぶ

共に地域活性化に寄与することをめざして

   山形同友会は、きらやか銀行と業務協力協定を結びました。1月30日に、きらやか銀行本店で調印式が行われ、粟野学頭取、川合勝芳代表理事が調印しました。
 業務協力内容は、融資商品として事業応援ローンがあり、運転資金・設備資金で、融資限度額は1件当たり5千万円以内、融資期間は2年以上5年以内、原則無担保です。
 条件として、同友会に6カ月以上加入していること。申込会員に対しては、一律0.2%の金利が優遇され、経営指針書策定会員には、さらに0.2%優遇となります。
 また、同友会専用電話回線による経営相談、ビジネスマッチングの機会提供、創業・新事業への支援、同友会活動への支援をいただくことになりました。

同友会の前向きな姿勢、真面目さに心打たれて

   代表者挨拶では、川合代表理事が、社員と一丸となって強い企業づくりの活動を紹介し、「暗い話題が多いなかで、このたびの業務協力は、会員企業には、勇気と希望の持てる明るいニュースです。さらに連携を深め地域活性化のために寄与していきましょう」と述べました。
 粟野頭取は、「昨年11月に、初めて経営研究集会の懇談会に参加し、同友会の前向きな姿勢、真面目さ、真摯な行動に心打たれました。何かお手伝いできるものはないかと考え、このたび業務協力となりました。今日を第1歩にし、さらに連携を強め、山形県の経済発展に力を合わせていきましょう」と述べました。
 今回の事業協力協定を結ぶまでに、11月18日から4回懇談会を開き、相互理解を深めてきました。地域への思いや金融機関、中小企業の役割を確認しあい、地域経済の活性化に寄与することを目的とした事業協力となります。

調印式後の懇談会

 

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ
月刊同友やまがたへ

検索

ご案内電子ブックを開く
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS