同友会ニュース−活動報告

【17.06.07】第13回庄内支部総会 〜経営の”サロン”から”勉強の場”へ〜同友会の活動で共に語り合い成長しよう

 \; 5月24日、グランド エル・サンを会場として第13回庄内支部総会が開催され、46名が参加しました。
 総会では、前年度に引き続き「〜経営の”サロン”から”勉強の場”へ〜 同友会の活動で共に語り合い成長しよう」をスローガンとして、支部内委員会の役割と目標を定めた2017年度活動方針が採択されました。役員では板垣一紀氏が新たに支部長となり、副支部長には前野智氏、伊藤雄一郎氏が決まりました。

記念講演 挑戦の連続

 \;  記念講演では「経営は挑戦あるのみ!〜ハングリーさこそ最高の原動力〜」と題して株式会社リンケージM.Iコンサルティング 代表取締役 長谷川 博之氏(新潟同友会理事・新潟支部幹事長、福島同友会会員)にご自身の経営体験を基にお話しいただきました。
 営業コンサルタントの長谷川氏は偶然耳にしたThe Beatlesに聞き惚れてミュージシャンを志し、高校卒業後ギターを手に上京するもプロの道は断念。そんな時たまたま誘われた経営セミナーで「こんな世界があるのか!」とビジネスに興味を持ち始めたと言います。

 友人とのCGデザイン事業、広告代理店、親戚の援助で始めた企画営業、どれも上手くいかず苦悩が続きますが故郷の三条市で量販店のマーケティング部門に就職。チラシ作成や顧客リサーチに携わり、独学で経験とノウハウを蓄積します。27歳の結婚を機に奥様とサイドビジネスとして広告デザイン業を立ち上げます。2001年に量販店を退職、コンサルタント事業をスタートします。しかし保守的な地域性から「コンサルタントで食べていけるわけがないだろう、現実を見ろ」と多くの人に否定され、味方は「尻叩き役」の奥様だけでした。苦しい生活の中「できなさそうなことをやってみる」とメールマガジンの配信を開始すると好評を博し、商業出版まで実現。口コミが広がり、仕事も増えだします。
 その後知人の口コミ、紹介で仕事を頂いている状況に「足腰が弱くなる」と危機感を抱いた長谷川氏は知り合いのいない新潟市に移住します。しかしリーマンショックも重なり、新規開拓はするも既存顧客が離れていき、「これではいけない」とYoutubeチャンネルの開設や経営情報誌『商いは門々』の創刊など、新しい形のコンサルティングに取り組みます。

異業種、同友会からの気づき

 \;  ある時から、新潟出身の異業種の方と新しく、ノウハウを提供し合って営業コンサルタント事業を立ち上げることになりました。その中で、今まで自分が同業他社を参考にして適正だと思っていた価格が安すぎたという事に気付きます。「自社だけで頑張っていたら気付かないことだった」「自分たちの業界の常識が、他業種から見たら変だった」と視野を広げないことの危うさを長谷川氏は語ります。今年も飽くなきチャレンジ精神は健在で、4月には福島の郡山に新事務所を作りました。福島同友会の会員でもあるのはそのためです。
 14年ほどの会歴がある長谷川氏ですが、きっかけは新潟同友会三条支部創設の際の例会でした。グループ長から理事まで様々な役割を引き受け「関われば関わるほどいろいろなことが見えてくる」と感じたそうです。支部・都道府県問わずフレンドリーに触れ合える輪の広さを同友会らしさの一つとして挙げ、「他の会にも入っているが、同友会が人と人のつながりも、経営の学びも一番深い。そして『言っている事がおかしい』『もっと社員のことを考えた方がいい』なんておせっかいな事をしっかり言ってくれる」と語りました。
 最後に「経営的に成長したいと思ったら新しい取り組みをやらなければいけない。一番の敵は現状維持。世界は大きく変わっていて、息子の世代にとってはパソコンすら古い。我々の価値観はもう二世代古くなっている。挑戦して、転んだら転んだで仕方がない。転ばないことにはこの変化には対応できない。まだまだ挑戦していきたい」と締めくくり、参加者からはチャレンジ精神の重要性を実感したという声が多数寄せられました。

懇親会

 懇親会は、定時総会と同じく1510"いちごいちえ"運動(食品ロスを減らす取り組みとして乾杯後15分と閉会前の10分を着席)が取り入れられました。料理に舌鼓を打ちながら交流の輪が広がっていく会となり、大盛況のうちに全日程が閉幕しました。

 \; 写真:長谷川氏のお土産を掲げる懇親会司会の(有)みづほ産業 荻原拓哉社長

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ
月刊同友やまがたへ

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS