同友会ニュース−活動報告

【17.09.25】社員と共に企業づくりを推進し元気な地域をつくろう〜第22期経営指針をつくる会「発表会」〜

 \;  9月2日、寒河江市のホテルシンフォニーにて、「第22期経営指針作成をつくる会」の発表会が行われました。
 今期は4名が受講。新しくなった「経営指針成文化と実践の手引き」をもとに、経営理念から10年ビジョン、経営方針、経営計画の作成まで、半年間かけて進めてきました。 また3月の開講後、社員と共に実践するために、社内でキックオフ宣言をする機会をつくり、作成段階からの浸透プログラムに取り組んだことが特徴として挙げられます。

想いの詰まった経営指針書を発表

 \;  発表会では小川副委員長の挨拶の後、修了生が見守る中で受講生の発表がスタート。「経営者の責任とは」「何のために経営するのか」「社員の幸せとは」の問いかけを繰り返し、半年かけて自分と会社と向き合いながら会社の進むべき方向を見出して作成した経営指針書です。一人ひとりの発表する声にも力が入ります。

問いかけ合った半年間が修了

 \; 菊池経営指針委員長から修了証書が授与されると4名の受講生は満面の笑顔に変わりました。

向きあう勇気

 \;  最後に挨拶に立った菅原代表理事は、「私が第12期で経営指針をつくってから10年が経ちました。社員が理解してくれるまで空回りし、紆余曲折の時期もあった。ただ経営指針づくりをはじめ同友会の活動にかかわってきたことで多くのことを学び、気づくことができた。社員・会社・自分自身と向き合う勇気が必要です。経営指針書の実践では何のためにしているのかを明らかにし、社員と企業づくりに取り組んでいかなければならない。今、少子高齢化・人口減少の中で、同友会で活動し、地域を元気にするという中核をみんなで担っていこう」と述べました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ
月刊同友やまがたへ

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS