同友会ニュース−活動報告

【19.05.07】2019年合同入社式・新入社員研修

 \;  4月3日、ホテルシンフォニーアネックスにおいて2019年度合同入社式が開かれました。会場には初々しいスーツ姿の新入社員が経営者と参加し、59名が集いました。これまで大会議室等で行われてきた合同入社式ですが、今回はホテルでの開催となり、華やかな雰囲気で行われました。

合同入社式

 合同入社式では庄司社員共育委員長の「教えてもらうのではなく、いろいろなところから明日の力になる気付きを得てください。経営者、上席者の皆様も温かく見守っていただき、良い職場づくりに取り組んでいただければと思います」という開会挨拶後、菅原代表理事が「ご入社おめでとうございます。同友会は『よい経営者になろう』『よい会社をつくろう』『よい経営環境をつくろう』の3つの目的を持ち『人を生かす経営』を勉強しています。焦らず素直に学び、成長を仲間と分かち合ってください」とお祝いを述べました。
 新入社員を代表して(株)曙印刷 石塚 真由紀さんが、「誇りをもって働ける会社に入社した幸せをかみしめ、若さとチャレンジ精神をもって何事にも全力でぶつかり、力を尽くす覚悟です。未熟な自分たちが社会の一員として役割が果たせるか不安もありますが、暖かく、時に厳しくご指導お願い申し上げます」と決意を述べました。  \;

新入社員研修〜自分ブランドをつくる

 引き続き行われた新入社員研修では(株)フロット 五十嵐 久仁子取締役が「自分ブランドをつくる」をテーマに講義しました。
 五十嵐氏は自社の若手社員の声や自身の考えを基に中小企業の特徴として「独り立ちが早くやりがいを得られる」「組織の全体像を把握しやすい」「変化への対応が早い」「トップの思いが伝わる」「『自分』が埋もれない」などをあげ、「大企業の新入社員は『100人の中の1人』になりがちですが中小企業では一分の一。一人一人に期待し、育てる覚悟をもって採用しています」と期待を伝えました。また「中小企業が個性や強みを生かすためには新入社員がどう輝くかがとても大事」と新入社員の強み確立の重要性を語り、参加者全員で自分自身を観察し文章化するワークを行いました。
 最後に五十嵐氏は「情報が氾濫する現代では正解がわからず足踏みすることもあるかと思いますが、やってみないと分かりません。自分で選んで、やってみて、自分から正解にしていく。会社の目的を知り、その中で自分らしさをどう生かせるか考えてみてください。『風を変える』のは新入社員にしかできない役割です」と激励のメッセージを送りました。  \;

新入社員研修〜応援メッセージ・マナー研修

 続いて、昨年この研修を受けた(株)サニックス 今野 竜平さん、田宮印刷(株) 村岡 諒さんから先輩としてのメッセージが贈られた後、「どんな社会人になりたいですか? 今、不安なことはなんですか?」というテーマでグループ討論が行われました。参加者がこれからの期待、目標、不安について率直に語り合い、経営者からは暖かい激励とアドバイスが贈られました。
 午後には、(株)Hair with Water 赤塚治美社長が講師を務め、マナー研修が行われました。新入社員は、経営者の方からアドバイスをもらいながら、挨拶・名刺交換・電話応対などを学び合いました。また今回から新しく、(株)エム・エス・アイ佐藤一夫専務が講師を務めSNS・情報セキュリティに関する講義が行われました。
 研修の最後には、今日1日で学んだこと・これからの決意をシートに記入しました。後日上司・経営者よりフィードバックをもらい、今後の社会人生活に活かしていきます。それぞれが今日の学びを振り返ったのち、半年後の新入社員フォローアップ研修での再会を約束し、閉会しました。
 \;

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ
月刊同友やまがたへ

検索

ご案内電子ブックを開く
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS