同友会ニュース−活動報告

【19.06.18】第33回寒河江支部総会 NEXT 〜次代に挑むために〜

5月21日、ホテルシンフォニーアネックスを会場として第33回寒河江支部総会が開催され、支部内外、他団体から49名が参加しました。
 第1部の総会では、「NEXT 〜次代に挑むために〜」をスローガンに掲げた2019年度活動方針が決まりました。
 活動の先頭に立つ役員として、支部長には大泉拓也氏が選任、副支部長には井田進一郎氏が再任、阿部敦氏が選任されました。
 \;

社員と共に歩む企業経営

 \;  第2部の記念講演では「社員と共に歩む企業経営」と題して、株式会社サイコー 代表取締役 齋藤隆志氏(宮城同友会会員企業)を講師にお迎えし、からご講演頂きました。
 サイコーは宮城県仙台市で廃棄物処理、古紙回収等を展開しています。専務として入社した際、高い離職率に悩み、「社長に『社員を大切にしたい』の思いはあるが、伝わっていないし行動化されていない」ことに気づきます。そこで経営理念、経営方針、そして社員に向き合いました。理念の共有と実践を第一とし、たとえ変革が難しいことでも会社を変えようとする気概を社員に伝えるようになりました。そして経営理念に基づき、社員教育、地域貢献、社内委員会などの取り組みを、できることから着実に実施。結果として売り上げも社員定着率も向上しました。
 齋藤氏は最後に「『何とか変えていくんだ』『こうしたいんだ』と社員に伝えない限り、会社は一足飛びでは変わらない。やれることが限られている中で、社員の理解を得て一緒に歩んでいくのが経営だと思う」と締めくくりました。質疑応答の時間も設けられ、さらに学びが深まる記念講演となりました。

 \;

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ
月刊同友やまがたへ

検索

ご案内電子ブックを開く
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS