同友会ニュース−活動報告

【19.10.21】経営者の仕事は決めること!

 \;  9月26日の置賜支部9月例会では、「同友会で学び、どう実践してきたか」をテーマとして、株式会社長沢建設 長澤武社長が実践報告しました。
 設計事務所を経て平成元年に後継者として同社へ入社した長澤氏は、現場中心の仕事をしていました。その後、経営者の仕事が分からないまま社長に就任。同友会には2007年に入会します。

売上ダウンという危機の中で

 \;  翌年リーマンショックによる売上ダウン、東日本大震災の影響での売上ダウンに「このままでは、いけない」と危機感を募らせた長澤氏は、同友会で経営指針の話を聞いていたこともあり、独学で経営理念を作成し社員に発表します。
 すると、長年勤めていた社員が退職。長澤氏はロボットを導入することを決断し、不安な表情の社員を集め、今後について話します。また、採用してこなかった問題に気づき、実務的な仕事を社員に少しずつ任せながら、10年年表を作成し、採用に力を入れて取り組んできました。

社長の責任と仕事とは

 \;  そして、学んだこととして「社長の仕事は決めること」「客観的に会社の未来を考える」「社長は製造管理部長ではなく、営業本部長」「強運をつかむこと」「事業承継」をあげ、「かつては名ばかりの社長だった。社長の一番の仕事は決めることであり、そのために学び続けなければならない」と語りました。
 グループ討論では、「どんな会社にしたいのか?そのための現状とのギャップは何ですか?」をテーマに活発な意見交換が行われ、経営者の責任と仕事を考える機会となりました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースのインデックスへ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ
月刊同友やまがたへ

検索

ご案内電子ブックを開く
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
RSS